ページ

横浜市「カジノ等で年間約4100億円の効果」

2015年7月15日水曜日
横浜市「カジノ等で年間約4100億円の効果」
カジノの誘致に向けた検討を進めている横浜市は、カジノを含む複合型の観光施設を誘致した場合、年間およそ4100億円の経済効果が見込まれるとした報告書をまとめました。
横浜市は、国会で国内でのカジノ解禁に向けた法案が成立した場合に、誘致活動を行うかどうか検討を進めていて、昨年度から民間の研究機関に委託して経済効果などを調査し、このほど報告書を公表しました。

それによりますと、海外の平均的な規模のカジノを含む複合型の観光施設を誘致した場合、年間で国内から567万人、海外からは142万人の観光客が訪れるとしています。そして、周辺の飲食店や宿泊施設などの利用も含めた市内への経済効果は、年間およそ4144億円と試算しています。さらに、税収が年間およそ61億円増えるほか、4万人余りの新たな雇用が生まれるとしています。
一方で報告書は、悪影響として懸念されているギャンブル依存症や暴力団の関与などについて、シンガポールをはじめとする外国の事例を参考に対応すべきだと指摘しています。
横浜市は「今回の調査を基に国の動向を注視しながら、誘致に向けてさらに検討を進めてきたい」としています。

NHK News

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150713/k10010148581000.html

0 件のコメント:

関連記事